電源供給完了

これは ReactorForge 誘導のヒーターのための最後の本管力の更新である。それは完全なので、最後になります!ここでは、そのプロセスの最後のカップルの日が行った方法です。

主電源

私は、カスタムスプライスコネクタから60アンプ240ボルトデュアルポールブレーカとグランドバスにジャンパを接続することから始めた。写真はニュートラルバスにはまった緑色を示しています。私は後に私は ATX 電源が 240-ボルトで実行されているので、私はしなければならないと思ったように私は 120-ボルトをタップする必要がなかったとして、これを移動しました。(忘れていただけで、もうしばらく経っています。

そして、ここでは 240-ボルトのクイックディスコネクトアセンブリがインストールされ、準備が整いました。スライドロックの別のバージョンを印刷します。スライドはソリッドである必要があるため、ワイヤが切断されている間はスプライスコネクタにアクセスできません。主電源

次に、2 AWG の電源供給ラインを準備しました。これらは、スプライスブロックを直接 ReactorForge の入力に接続します。主電源主電源

スプライスのブロックの側面に熱収縮の管が付いている二重層状である厚い金属のタブがある。これらは、複数の接続/切断サイクルに立ち上がるスクリュー端子への高電流、高耐久性接続を提供します。主電源

誘導ヒータ側には、端子ポストを受け付ける頑丈なラグがあります。これらはまた二重層の熱収縮と絶縁される。主電源

それをすべて一緒にもたらす

そして、ここでは、ReactorForge の背面にある端子ポストの入力に接続されているフィーダーラインを見ることができます。私はまた、アトメル ISP プログラマを接続するための小さなハブと USB 拡張機能を実行しました。私はここにも、Bluetooth ドングルを置く。これは、マザーボードと通信し、コマンドとシステムのテレメトリを送受信します。主電源主電源

私はその後、電源コンタクタとインバータ入力フィルタの間にアックをインストールしました。主電源アック

ソフトウェアが接触器を作動させるとき、240ボルトは直接インバーターを通常供給する。私はテストのまともな量を行うために持っているので、私はその接続を切断し、低電力テストを可能にするためにアックをインストールしました。主電源

私は240ボルトは、偶発的な接触やツールが物事を短絡を避けるためにフロントでアクセス可能だった小さな領域をテーピング。240ボルトの本管の電源を渡って私の指を得ることは私が二度経験したいと思う何かではない!

主電源アック主電源

コードに!

それは冷却および本管の電源接続のためそれである。次のステップは、プログラミング環境の設定をバックアップすることです。私はとして物事を有効にし、すべてがまだ良いことを確認するいくつかのテストを行います。一度、私は次の大きなタスクに権利を取得されます行われている、私は Arduino に全体のものを移植することを決めた。コードは既に C にあるので、これはあまりにも困難ではないだろうと私は正直に言うと、AVR のスタジオから離れて取得することを嬉しくなります。私は Arduino のために移動するための選択をした大規模な使用され、過去数年間で人気の上昇。これはオープンソースのプロジェクトであるため、私は人々が精通しているプラットフォームを使用したい。のは、オープンソースの3d プリンタのファームウェアでそこに産業レベルの誘導ヒーターを右に入れてみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です